スポンサードリンク



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク


ポーチの使い方

今日は、昨日の家計管理のお話の続きです。

昨日、NEWアイテムとしてご紹介した2つのアイテムがありました。
ポーチとじゃばらファイルです。

0028

写真と名前は紹介されたにもかかわらず、本文に一切登場しなかったポーチ君。
ちょっと長くなってしまったので昨日は割愛しました。ごめんよ。

というわけで、今日はポーチの活用方法についてのお話です。

7費目に分けて管理するというお話をしました。
食費、日用品費、子ども費、レジャー費、特別支出費、光熱費、固定費
の7つでしたね。

食費や日用品費など、現金で出ていくものは昨日の方法でいいんですが、
それとは別にクレジット払いのものがありますよね。
我が家では、光熱費、住居費、通信費、保険料、コープ宅配の支払いがあります。
これらの扱いについてどうするのかを、今回悩みました。

まずはこの5つ支払いを、2タイプに分類しました。
住居費、通信費、保険料は、毎月変わらない定額の支払いです。
光熱費、コープ宅配は、月によって異なる額の支払いです。

定額支払い分については、合計額を算出しておきます。
そして、その月の生活費を引き出すときに、その額を差し引いて引き出します。
つまり、定額支払い分は口座にそのまま残しておくというわけです。
(我が家は給料振込み口座が、クレジット払いの口座なので)

月によって異なる額の支払い分については、
当月の支払いとするか、翌月の支払いとするかを悩んだのですが、
コープ宅配の分を当月扱いにしたかったので、当月支払いとしました。
というのは、コープで注文する量が毎週そこそこ違ったりするので、
コープでたくさん届いた週はスーパーであまり買わなかったりするんです。
その合計が実際の食費合計なので、当月扱いにしたかったんです。
コープで頼んだ額が少なく、スーパーでたくさん買い物をした場合に、
前月の請求がたくさんやってきたら、その月の食費がキツいですよね。

当月扱いにするために、このポーチの登場です。
当月の食費から、当月のコープの請求分をポーチにうつしておきます。
同じように、光熱費もうつしておきます。
そして、その月の終わり、翌月の生活費を引き出しに行くときに
一緒に持って行って、ポーチのお金を入金します。

ポーチにわざわざ移すのではなく、翌月の生活費を引き出すときに、
これらの変動支払費を差し引いた分を引き出してもいいんですが、
こうしておくと通帳の記録を見たときにわかりやすいんです。
この日に生活費をおろして、変動支払費はいくらだったというのが
一目でわかります。
また、ポーチに移すという動作で、現金支払いと同じように財布から減る、
というのが私にはわかりやすくて向いていると思いました。
以前からクレジット分については管理に悩んでなんとなくでやっていたので、
今回こうして方法がしっかり決められてよかったです。


「読んだよ~」の応援クリックいただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 インテリアブログへ
関連記事

スポンサードリンク


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。